2018年のテクノハウス-WEB担当の視点-

公開日:2018/12/25最終更新日:2018/12/25

technohouse_2018_1225

PRTeam徳留です。

2018年も残り僅かということで、2018年のテクノハウスの振り返りを行いたいと思います。今年一年もあっという間に過ぎていった2018年。
私は2018年4月にテクノハウスに参加しましたので4月からの振り返りです。

 

4月 NABSHOW/4K・8K機材展

 

2017NABSHOW

 

2018年4月はNABSHOWがアメリカラスベガスで開催され、弊社スタッフも数名が現地に行きました。evertzやAVIWEST、WorldCastSystemsといった弊社取扱いメーカーも多数出展し、最新機材の情報を収集してきました。

 

 

 

同じく4月。東京ビッグサイトでは第一回4K・8K機材展が開催されました。
テクノハウスはSAMSUNG様のブースにてIOIやConvrgentDesignの製品の展示を行いました。多数のお客様にご来場いただき、準備していたカタログも2日目にして在庫切れとなりました。
この頃はテクノハウスのHPも旧システムを使用していた関係でPDFファイルをダウンロードしていただくのが難しかったのですが、現在はHPからも製品ファイルをダウンロード可能です。

 

 

 

 

5月 AFTER NABShow Tokyo

afternabshow2018

 

NABShowでの最新機材を秋葉原で展示を行ったAfterNABShow。
テクノハウスでもAVIWEST、evertz製品の展示を行いました。
このタイミングで該当製品の製品ポスターも担当スタッフと知恵を出し合い一新しました。

 

 

 

6月 海外の展示会/Infocomm2018

infocomm2018

 

6月にはInfocomm2018がアメリカで開催され、テクノハウスイベントチームからも数名が渡米しました。
BARCOからはE2/S3の新しいモデルやImagePRO-4Kが発表されました。
また、ChristieブースではSpyder x80、Terra(SDVoE規格に基づいた4K60p対応の伝送システム)が展示されました。

 

 

 

スクリーンショット 2018-12-25 16.41.02

 

またHPも6月に大幅リニューアル。
約10年ぶりのリニューアルとなりました。リニューアルに伴いPCだけではなくスマホやタブレットといった機材からも閲覧しやすいサイトになりました。
こうして振り返ってみるとこの頃のHPが懐かしくもあります。

 

 

7月 九州放送機器展/関西放送機器展/ケーブル技術ショー

kansai_2018

 

7月はイベント月間。
九州放送機器展にはじまり、関西放送機器展、ケーブル技術ショーと一ヶ月で3本のイベントが開催されました。PRTeamの私も3本のイベントに同行し福岡、大阪、東京とまわりイベント設営のお手伝い。
現地からHPやSNSを更新し最速でテクノハウスのブースの模様をお伝えさせていただきました。

 

また、特集記事としてevertzのIP製品についての解説記事をUP

 

8月 薄型壁掛けスピーカー取扱い開始

bec_2018_

 

8月は施設や店舗といった商業施設向けの壁掛け薄型スピーカーAI-100の販売を開始いたしました。ドイツにあるBEC社の製品ですが、厚さ20mmという薄さで幅広い範囲に音を届ける事が可能なスピーカーです。

 

 

また、夏季休業の時期を利用して弊社エンジニアに特集記事を依頼。
下記記事がUPされました。

 

9月 海外の展示会/IBC2018 inオランダ

オランダ8-8

 

オランダ・アムステルダムで開催されたIBC2018。
弊社からもスタッフがオランダに向かい、現地からの様子を伝えてもらいました。日本とオランダではもちろん時差がありますが、情報共有システムを利用したこともあり現地からの写真を最速でHPでご紹介することが可能となりました。

目玉製品としてはDHD.audio社から新製品のミキサーRX2とSX2が発表されました。

 

 

また、製品導入事例としてGinza Sony Park Studioの事例をUP。
アクセス数の多い記事となりました。

ginzasonypark_2018

 

10月 怒涛のInterBEEの準備

interbee2018_pre

 

10月はInterBEEの準備期間でした。
エンジニアや海外メーカーとの調整部門は各機材の手配や情報収集に追われ、PRTeamはWEBに製品情報の登録、各製品のA1パネルやカタログの改定を行いました。
テクノハウスは大きく分けるとイベント/映像/オーディオの3部門がありますが、各々の部門によっても訴求方法、文化が異なるためそれに合わせたカスタマイズを行いました。

 

interbee2018_audio_poster
オーディオチームのA1パネルの例

 

 

11月 イベント/InterBEE2018

Video_interbee2018

 

この業界では一年の中で一番大きなイベントと思われるInterBEE。
今年もテクノハウスは出展し沢山のお客様にご来場いただきました。
取扱いメーカーのスタッフも何名か来日し、その模様をHPにて発信しました。

 

また特集記事としてIO Industriesのオーバー8Kカメラの記事をUP

48_8k

 

 

12月 映画テレビ技術フェアin関西/映像最新技術展in名古屋

mpte_nagoya2018

 

12月の前半はイベント月間となりました。

営業とエンジニアのチームで二週にわたり関西と名古屋に遠征。

 

12月は2018年の締めとして特集記事も多めにUPしました。

ドイツで行われたミキサーメーカーDHD.audioのトレーニングレポート

お問い合わせの多いOdyssey7Qとapolloの収録時間についてevertzの考えるビッグデータアナリティクスの記事をUPしました。

 

また、ヒビノグループの会社となったのも大きな出来事かと思います。

 

今年も残すところ数日ではありますが、来年のはじめなどに増やせる記事がないかと各スタッフと調整を行っております。まだまだ載せきれていない製品ページの充実なども今後の課題としてありますが、弊社WEBページに掲載していない商品でもお取り扱いをしているものもございますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

よろしくお願いいたします。