Infocomm2018-クリスティ社編-

クリスティーブースでは、弊社取扱い製品のSpyder X80とTerraが展示されていました。

◆Spyder X80は、最大で4K60p入力を24ソース使用し、80メガピクセルの出力を表示することが可能なマルチスクリーンウィンドウプロセッサです。
今回の展示では、X80からの映像を4Kプロジェクタ4台に接続し、8K映像をブースに投影していました。

 

 

◆Terraは、SDVoE規格に基づいた4K60p対応のIP伝送システムです。
本製品は、10Gのイーサネットを介することにより、非圧縮かつゼロ遅延の伝送を可能にしています。オプションのコントローラを使用することにより、映像の切替やマルチウィンドウ表示をおこなうこともできます。

製品に関するお問い合わせは下記お問い合わせフォームよりいただければと思います。

お問い合わせフォームページへ