1.会社概要

 

 

商号株式会社テクノハウス
代表者代表取締役社長 櫛引 則彦
所在地〒104-0043 東京都中央区湊2-12-11 IXOSビル2F
電話:(03)3553-8061(代表)
FAX:(03)3553-8064
事業内容・業務用映像機器輸入販売
・各種映像音響編集室システム設計及び施工
資 本 金10,000千円
設立昭和63年04月
役員代表取締役社長櫛引 則彦
取締役佐保田 行和
取締役鈴木 昭夫(平凡商事株式会社 代表取締役社長)
取締役片桐 隆雄(株式会社マガジンハウス 取締役副社長)
監査役川尻 治雄(ハロー 法律事務所)
グループ会社 株式会社マガジンハウス
平凡商事株式会社
株式会社音響ハウス
株式会社ビデオミックス・ラボ
所属団体・加盟協会 JPPA(一般社団法人 日本ポストプロダクション協会)
JAVCOM(NPO法人 日本ビデオコミュニケーション協会)
MPTE(一般社団法人 日本映画テレビ技術協会)
取引銀行三菱UFJ銀行 新橋駅前支店
三井住友銀行 東京中央支店
みずほ銀行 築地支店
会社沿革昭和58年04月株式会社音響ハウス技術開発室の業務の一環として社外の業務用オーディオ、ビデオ関連設備のシステムコンサルタント、設計、
施行業務を開始
昭和60年01月「テクノハウス」商号登録
昭和63年04月株式会社テクノハウス設立

2.アクセス

 

電車⇒ 東京メトロ有楽町線「新富町駅」7番出口より徒歩7分
⇒ 東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀駅」A2出口より徒歩9分
バス⇒ 都営バス東15系統「湊三丁目バス停」下車、徒歩1分
(JR東京駅八重洲口、勝どき駅などから運行)
自動車⇒ 首都高速都心環状線「新富町ランプ」から約3分
(周辺にはコインパーキングが複数あります。お車でお越しの際は担当者に一度ご連絡をお願いいたします。)

〒104-0043 東京都中央区湊2-12-11 IXOSビル 2F
TEL: 03-3553-8061 / FAX: 03-3553-8064

 

 

3.代表挨拶

良質な機器を輸入し供給する。
アフターケア・サポートの充実。
これが、弊社の企業理念であります。

 

株式会社テクノハウスは、昭和64年、ポストプロダクションの技術開発セクションから派生しました。

 

創立以降、確かな製品を輸入して販売する代理店としての役割と、システムインテグレーターとしてお客様のシステム構築を行って参りました。
また、昨今のデジタルサイネージの隆盛にも、いち早く将来性を見据えた事業展開をしてまいりました。

 

弊社は、「アフターケア・サポートの充実」の前段階の「安心して使える製品」という事にも注力しております。

 

また、自社開発製品にも力を注いでいます。
たとえば、「こんな商品があれば良いな」「既存のシステムに結合させるためにインターフェースがほしい」等、弊社取扱メーカーが対応できない問題や、製造元への新たな製品のプロデュースも、積極的に着手いたしております。

 

設立以来すでに20年が経過しましたが、映像技術の移り変わりは激しさを増しております。また、日本経済も右肩上がりという時代ではなくなり、厳しさを増す一方です。そのような中でも、多くのお客様にご支持を頂きつつここまでこれた事に深い感謝の念を抱かずにはいられません。

 

これからも、信頼と実績に裏打ちされた製品とサービス、サポートを提供し続け、お客様のお役に立てるよう力を尽くしてまいります。

2009年7月1日

株式会社 テクノハウス
代表取締役社長

櫛引 則彦

4.ISOへの取り組み

ISO 14001:2015取得

ISO 14001:2015取得

環境方針

株式会社テクノハウスは、業務用映像音響機器の輸入販売及び各種映像音響編集室システムの設計・施工等の事業活動、サービスを行う事業所として、環境負荷の低減を重要な経営課題と位置付け、積極的に、かつ創意工夫を活かし、『人と地球に優しい商品の提供』をスローガンとして、環境負荷低減に貢献する。

 

当社は、環境マネジメントシステムの実践と環境パフォーマンスの向上のために、以下の活動を全員で取組み、環境保全活動を推進する。

 

 

  1. 環境関連法令等の規制、並びに当社が受け入れたその他の要求事項を順守する。
  2. 当社の活動・製品・サービスに関わる環境側面を認識し、環境マネジメントシステムの向上と汚染の予防に努める。
  3. 継続的改善を図るために、環境方針の達成へ向けて、目的及び目標を設定し、活動推進するとともに定期的にレビューを行う。
  4. 全ての事業活動において生じる環境影響の把握を行い、以下の環境負荷の削減活動を行う。
  • 環境負荷低減製品の販売促進
  • 省エネルギーの推進
  • 資源の有効利用の推進
  • 廃棄物の削減とリサイクルの推進

 

この環境方針を実現するため、全従業員による組織的な活動並びに啓発活動を行い、環境方針の周知徹底を図る、また、環境方針は社外ならびに一般にも公開する。

2016年8月2日
株式会社 テクノハウス
代表取締役社長

櫛引 則彦

 

 

 

5.RoHS