AVN-DIO20 / MADI-Dante®コンバーターの特徴

公開日:2022/01/05最終更新日:2022/01/05

AVN-DIO20デモ機が届きました。

SonifexのDante®関連製品の最新モデル、AVN-DIO20が入荷しています。
今回はMADIとDante®をつなぐ製品です。
MADIはテレビ局のスタジオやライブの現場では多く使われていますが、じわじわと Dante®でやり取りをする機材が増えてきている中で、どうやってMADIからDante®に切り替えていくかが課題になってきているかなと思います。
他社からもMADIとDante®のコンバーターは出てきていましたが、まだまだ選択肢が少なかったので、遂にSonifexからもMADIに対応した製品が出てきて安心しています。
痒いところに手が届くSonifexらしい製品です。

 

機能としては非常にシンプルです。

SFPかBNCでMADIを接続し、最大64chの信号をDante®と接続することができるようになります。
ルーティングはDanteコントローラーを使って行うので、簡単にDante®システムにMADIを繋ぎ込むことができてしまいます。
おまけの機能としては、AESで8ch分の音声のIN/OUTができること。
一部音声を取り出してモニターに使用したり、音声の書き換えをすることができます。
もうひとつのオマケ機能として、SFPとBNCにはバックアップ機能があります。
SFPとBNC両方に同じソースを接続しておけば自動的に切り替わってくれるので安心です。
昨今のチップ不足の影響があるようで、今回の入荷数はかなり少なくなっています。
まずはデモ機を試して見ていただいてからとはなりますが、ご興味がある方はWEBお問い合わせフォームよりご連絡をいただければと思います。

 

仕様

MADI 入出力仕様

  • インピーダンス:75Ω
  • 入力サンプルレート/チャンネル数:48kHz – 56/64 ch、96kHz – 28/32 ch、192kHz – 16 ch
  • 出力サンプルレート/チャンネル数:入力に準拠
  • コネクター:BNC / SFP – LVDS SFP 100MB/s

AES3 入出力仕様

  • 入出力数:8ch
  • インピーダンス:110Ω
  • サンプルレート:32 – 192kHz
  • コネクター:Dsub25 x2 (AES59準拠)

Dante仕様

  • サンプルレート:44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz, 176.4kHz, 192kHz
  • エンコーディング:PCM16, PCM24, PCM32