StreamMaster Media Processing

StreamMaster Media Processing
StreamMaster Media Processingの画像

StreamMaster Media Processingは、コンテンツプロバイダによるプロセッシング、ブランディング、マスターコントロール、コンテンツデリバリー管理のための、様々な革新的ソリューションを基盤とする技術プラットホームです。コンテンツプロバイダが現在どのように運用するかを基準に、標準的なブランディング、およびプレイアウトのためのソリューションとして「StreamMaster BRAND」「StreamMaster DELIVER」2つのラインナップが構成されてます。さらにはソフトウェア形態のテクノロジー・プラットホームの利点として、時間とともに変化するオペレーション、将来にわたりブロードキャストに耐えるプラットホームとしてのより多くの柔軟性を提供するために、ファクターとファンクションブロックは絶えず加えられます。
StreamMaster Media Processingにより、コンテンツプロバイダによるメディアコンテンツの処理機能実行を可能にします。プラットフォームはデータセンターのCOTSハードウェア、またはパブリッククラウドで実行されます。
StreamMaster Media Processingでは、オーサリング、トランスコード、ロゴとグラフィックスの挿入、コンテンツレンダリング、リアルタイムマスターコントロール、リアルタイムグラフィックス、DVEが可能です。

特徴

StreamMaster BRANDは、放送送出において24時間365日安定稼動するように設計された、ソフトウェア形態のブランディングおよびグラフィックスプレイアウトエンジンです。幅広いオートメーショングラフィックスのプレイアウトや、チャンネルのブランディングニーズに対応するように設計されています。オペレータの介入なしに、信頼性の高いグラフィックスを提供するための、効果的でコスト効率の高いソリューションです。自律的オペレーションとして設計され、直接的なユーザーインターフェイスがなくともStreamMaster BRANDを使用することでブランディング、プロモーション、ストックデータ、天気予報、スポーツアップデート、ニュースブリーフィングなどのオンスクリーン情報の完全かつ簡単なフローが可能になります。

StreamMaster DELIVERは、専用サーバーやプライベートデータセンター、パブリッククラウドでの仮想化など、さまざまな環境下で、シンプルまたは複雑なリニアTVチャンネルを24時間365日安定運用するために設計された、ソフトウェア形態の総合プレイアウトエンジンです。
独自のワークフローを使用するStreamMaster DELIVERは、マルチプラットフォーム配信のためのコンテンツを作成することで、最大限のブランディングと収益向上が望めます
StreamMaster DELIVERは、COTSハードウェアで実行されオンプレミスでのホスト、もしくはプライベートデータセンターやパブリッククラウドを選択し、プレイアウト、オートメーション、マスターコントロール、ブランディングアプリケーションを運用できます。
StreamMaster DELIVERは、メディアプレイアウト、ライブフィードのリアルタイムマスターコントロール、リアルタイムグラフィックス、SDIやIPストリーム上のDVEを提供します。

仕様

StreamMaster BRAND BENEFITS

  • データセンターやクラウドで仮想化された専用ハードウェア上のブランディングとグラフィックス
  • ソフトウェア定義、フォーマットに依存しない、スケーラブルな柔軟性
  • 従量制、機能毎ペイアウト、OPEXまたはCAPEXを含む新しい柔軟な価格設定モデル
  • 「Clarity」グラフィックスシステムのエンジンをベースに構築
  • リアルタイム3Dおよびマルチチャネル3D DVE対応
  • 主要オートメーションブランドで接続を可能にするオートメーション制御用オープンAPI
  • 一般的な放送メディア形式を直接サポートする内部ビデオクリッププレーヤー
  • テンプレートとタイムラインの運用によるグラフィックス、マルチレイヤ―スタティックロゴやアニメーションロゴ、時計、テキストクロール、テロップ、DVEなど
  • ミックスとダッキングを使ったマルチチャンネルサウンドオーバーレイのための洗練されたオーディオ処理
  • オプションの3G-SDI I/O(バイパス機能を備えた10ビットダウンストリームキーヤー付)

 

 

 

StreamMaster DELIVER BENEFITS

  • 迅速な新規オンエアチャンネル増設、オンプレミス、またはクラウド
  • 複雑な多数のハードウェアデバイスから、モジュール式のソフトウェア定義システムへの移行
  • ライブフィード、リアルタイムグラフィックス、DVE
  • コスト効果とビジネス継続性/復旧体制に柔軟に対応
  • オンプレミス、データセンターそしてパブリッククラウド用のポータブルライセンス
  • 「Clarity」グラフィックスシステムのエンジンをベースに構築
  • グラフィックスとマスターコントロールを内蔵したIPエンコーダ(ハード&ソフトパネル)
  • 従量制、機能毎ペイアウト、OPEXまたはCAPEXを含む新しい柔軟な価格設定モデル
  • 主要オートメーションブランドで接続を可能にするオートメーション制御用オープンAPI
  • コンテンツの収益化を強化する強力なメタデータ処理
  • PixelPowerやサードパーティIPを使い、新たなコーデック、機能、フォーマットを簡単に統合可能
関連製品・オプション