InterBEE2019 テクノハウス主な展示製品情報

公開日:2019/10/09最終更新日:2019/11/12

interbee2019_technohouse

2019年11月13(水)〜11/15(金)で幕張メッセにてInterBEE2019が開催されます。

テクノハウスは映像制作/放送関連機材エリアとプロオーディオエリアの2エリアで展示予定です。

こちらのページで展示製品の情報を随時更新していきたいと思います。

last update:2019/11/11

映像制作/放送関連機材部門:ホール2 2213

BARCO

ImagePRO-4K

 

ImagePRO 4K は、最高品質の信号を遅延なく簡単にスケール、変換、切り替えることでさらに先へと進み (4K、4:4:4、60p、10 ビット)、故障が発生する前に効果的に異常を解決します。

最新 I/O コネクタにより HDMI 2.0、DP 1.2、3G-12G SDI をシームレスに変換。

簡単に言えば、ImagePRO の柔軟性と性能は、障害なしに流れるショーを構築するバックボーンです。

 

clickshare_barco_technohouse

 

BARCOのClickShare(クリックシェア)は、ディスプレイやプロジェクターと複数のPC間の接続を無線化し、どのPCからの画面でも一瞬で共有することが可能になるシステムです。Windows、Mac、スマホと端末を問わずに動作します。

ベースユニット(ClickShare本体)とClickShareボタンの2つの機器で構成されており、ワイヤレス通信を行います。会議室の煩雑なケーブルの整理やプレゼンテーションのセッティングにかかる時間を大幅に削減することができます。

来客者にもわかりやすい直感的なシステムとなっており、企業の会議室はもちろんのこと、貸し会議室の常設設備としてもオススメです。

 

 

barco_e2_gen2

E2 Gen2は、イベントマスターファミリーの新しいフラッグシップモデルです。
E2の全ての機能を網羅し、優れた画像品質、拡張性と耐久性はそのまま、最大16の4K信号を入力することができます。
E2は約20メガピクセルの表示領域を持ち、PGMおよびPVWを表示することができます。 PVW用の表示領域をPGMで使用することで、最大 約40メガピクセルまたは80メガピクセル@30pまで拡張可能です。
最大で40入力および18出力(マルチビューアを含む)でのシームレススイッチングが可能です。

 

CHRISTIE

Christie-Terra-Receiver_front_technohouse

Christie® Terra は、10G Ethernetネットワークでのオーディオビジュアルコンテンツの伝送、プロセッシング、そして制御を可能にする、全く新しいAVソリューションです。

標準規格SDVoEテクノロジーにより、Christie Terraは非圧縮0フレームレイテンシーの劣化のない4K@60Hz映像を、汎用的で廉価な10G Ethernet環境で提供します。

 

AVIWEST

AVIWEST_PRO380
AVIWEST PRO380

高効率のアンテナを備えた8つのワールドワイド対応セルラー3G/4G-LTEモデムを搭載しています。さらに、電波が不安定な環境で信号伝送を強化するために、外部アンテナ(AVIWEST QUAD)を接続することもできます。 LAN/WAN、BGAN、GX、Kaバンド衛星を使用しストリーミングするためのWi-Fiや2xギガビットイーサネットもサポートされています。

 

AIR320_AVIWEST

 

AIR320はIPネットワークを用いたモバイルトランスミッターです。

最大4つの携帯電話接続および内蔵Wi-Fiモデムを備えています。

管理されていないネットワーク条件下においてもライブビデオ配信を確実にし、AVIWESTのSafeStreamテクノロジー・IPボンディング・パワフルなネットワークプロトコルを実装しています。

コンパクトで耐久性のある筐体に最先端のHEVC/H.265ハードウェアエンコーダを搭載し、世界中のどこからでも高画質でシームレスニュースとイベントを提供可能です。

 

 

Evertz

scorpion_evertz_sei

evertzのSCORPION-X18 Media Processing Platformは、従来のダークファイバや10/25/40 / 100GbEネットワーク上でビデオ、オーディオ、イーサネット、データを同時に転送できる高密度信号変換、ルーティング、アグリゲーション、トランスポートプラットフォームです。

Omnitek

4ktoolbox_1_omnitek

 

Ultra 4K Tool Boxは12G-SDI対応のフィジカルレイヤーアナライザ(アイパターン・ジッター解析)/データアナライザ/ジェネレータの機能を持った製品の展示をします。
12G-SDI、3G-Quad Link、HDMI(1080/60p)の入力と12G、6G、3G、HD、SD、HDMI、Display Portの出力で4K60Pまでのビデオ信号の監視が可能です。

Ultra 4K Tool Box製品ページ

 

IO Industries

IOI4ksdimini

 

小型4K/UHDカメラヘッド「Victoremシリーズ」はグローバルシャッターとローリングシャッターのモデルを展示します。
12G、6G、3G、HD、のSDI出力(4×BNC)と10bit-4:4:4やRAWデータ、HDRにも対応しています。
アルミダイキャストフレームによる小型堅牢な上、Cマウントレンズに対応しています。

 

プロオーディオ部門:ホール1 1515

SONIFEX

AVN-DIO01_sonifex_technohouse

Dante®対応オーディオインターフェースAVN-DIOシリーズを展示します。
AVN-DIOシリーズはマルチチャンネルで構成されるDante®オーディオネットワークに接続できる、2chのIO BOXです。マイク、ライン、AESなど様々なラインナップを持っているので、Danteに対応していなかったこれまでのアナログ製品などを簡単に組み込むことができます。

 

DHD.audio

rx2_24

 

DHD.audioのミキサーの中でも最も人気の高かったSerise 52/RXが新たな機能を追加して生まれ変わりました。要望の多かったチャンネルごとのディスプレイを標準搭載し、フェーダー数もこれまでの48フェーダーから大幅に増えて、最大60フェーダーの大型のミキサーが作れるようになりました。カスタマイズの幅はこれまで以上に広がり、テレビ、ラジオ、中継車、あらゆるスタジオシステムにフィットするミキサーが作り上げられます。

 

InterBEE2019概要

開催期間:2019/11/13(水)〜11/15(金)

場所:幕張メッセ

主催:一般社団法人 電子情報技術産業協会

運営:一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会

 

公式WEBサイト

http://www.inter-bee.com/ja/