カスタマイズミキサーDHD.audio 52SX導入事例 MBSラジオ様

MBSラジオ(敬称略)ダビングスタジオにDHD.audioの 52/SXを導入しました。

 

 

 

 

様々なフォーマットで収録された音源から、日々放送に使用される素材を作成するダビング室にドイツDHD.audioの 52/SXミキサーを導入いたしました。
今回導入されたミキサーは、52/SXバンドルセットをベースにカスタマイズオプションを追加し、MBSラジオ専用のミキサーにカスタマイズを施したモデルになります。
単体機器ごとに録音、再生、停止を手元で行えるように、ミキサーの操作面にリモートスイッチを用意しています。これらの制御は機器ごとに制御方法が異なる物もあるので、機器ごとに設定が異なってきます。

 

 

 

 

 

DHD.audioのミキサーはテーブルに穴加工を施し、ミキサーを埋め込んで使用するのですが、MBSラジオではデスクトップマウントフレームを使用し、テーブルにミキサーを置く形で設置をしています。テーブルに置くことで「Avid 003 Factory」と操作面の高さが揃い操作感を向上させています。

 

 

 

 

バンドルセットにはMulti I/O BOXが2台付属しており、I/Oの数は十分ありながらもラック実装スペースは最小限で抑えることが可能となり、単体機器ラックに実装しても他の単体機器の邪魔になることはありません。ラック背面にはMulti I/O BOX用のXLRブレイクアウトコネクター板を実装してあるので、機器との接続も簡単に行えます。

 

 

 

 

弊社取扱のDHD.audioの製品一覧はこちらよりご覧いただけます。