DVR EXPRESS CORE 2 MAX

DVR EXPRESS CORE 2 MAX
DVR EXPRESS CORE 2 MAX
DVR EXPRESS CORE 2 MAX
DVR EXPRESS CORE 2 MAX
DVR EXPRESS CORE 2 MAXの画像
DVR EXPRESS CORE 2 MAXの画像
DVR EXPRESS CORE 2 MAXの画像
DVR EXPRESS CORE 2 MAXの画像

イメージセンサーの解像度とフレームレートが向上するにつれて、デジタルビデオデータレートは上昇を続けています。究極の高速録画のために、IO IndustriesのDVR Express Core 2 MAXは、最大2240MB/sのデータレートで録画が可能です。これにより、一度に複数のビデオカメラを接続し任意の組み合わせのレートに対応します。この記録速度は、Core2MAXに6つの高速VidIOドライブモジュールを搭載している場合のみ可能です。この機能を使用すると、4台の独立した高速カメラまたは4つのCoaXPress CXP-6出力を備えた1台の非常に高速なカメラを録画できます。

特徴

・インテグレーテッド・タイム・リファレンス・インプット

DVR Express Core2MAXは、主要テスト施設や空中プラットフォームにあるIRIGタイミング信号の多くのフォーマットと同期するための、IRIG-A/B入力を標準装備しています。

・利用可能なサーバーオプション

Core2MAXには、Server Optionを使用してネットワークリモートコントロールとビデオストリーミングを追加する機能があります。これは、Core2MAXと統合されたControl PCを組み合わせたシングルボックスソリューションです。

・堅牢・安全なドライブ部

Core2MAXには3つのリムーバブルカートリッジが装備されており、それぞれが2つのSSDを搭載します。カートリッジには、一般的なコネクタの500-1000回と比較して、25,000回の挿入/取外しが保証された中間バックプレーンがあります。SSDを使用することで、フレームレートの低下や衝撃振動に対する耐性を備え、高いデータレートで連続収録が可能になります。

・マルチカメラシンクロ録画

Core2MAXは、最大4台までのカメラを同時に収録することができ、マルチカメラ録画アプリケーションをシンプルにします。また、内蔵の同期ツールにより、各カメラに対して露出を正確に調整することができます。外部同期信号は、Core2MAXの補助I/Oポートに接続することも、Signal Generatorツールを使用して内部で信号を生成することもできます。

・COREVIEW DVRソフトウェア

付属のCoreViewソフトウェアは、1台以上のDVRの設定と操作が可能です。各カメラは独立したWindowで表示され、複数のモニターを使用してた場合も、各カメラを全画面表示することもできます。収録後、BMP、JPG、TIF、AVI、MOV、RAWなど一般的にサポートされている画像ファイルまたはビデオファイル形式にエクスポートできます。

・非圧縮デジタルデータ収録

Core2MAXは、元のデジタルデータの詳細とダイナミックレンジをすべて保持しつつ、カメラからの高帯域幅の非圧縮ビデオデータを保存します。収録が完了すると、AVIやJPGなどの圧縮をサポートする形式にクリップを書き出すことができますが、元のデータは常に保存されます。

仕様

・サポートされているVideo Data Rate:
最大2240MB/s

・Video Storage Media:
(3)ドライブカートリッジ IO Industries VidIOドライブモジュール
(solid state media)

最大22.5TB

・制御PCとの接続:
6Gb/s eSATA(USB 3.0アダプター付属)
コンフィグレーションと操作に必要
ライブビデオの表示、ポストレコーディングの再生、ローカルストレージへのビデオのエクスポートが可能

・収録フォーマット:
非圧縮(IO Industriesファイルシステム)
制御ソフトウェアを使用して汎用ファイにエクスポート (AVI, BMP, JPG, TIF, RAW,MPEG, MOV etc.)
バックアップアーカイブ

・コントロールソフトウェア:
CoreView
Streams 7 (SDKが必要)

・System Requirements:
Windows XP/Vista/7/8.1/10 (32/64-bit)
Linux: Ubuntu 14.04 LTS (32/64-bit)
eSATAもしくはUSB 3.0

・タイムスタンプ:
High-precision time stamp per frame
Integrated IRIG-A/B receiver (AM or DC)
Integrated SMPTE timecode receiver
Optional single/dual-frequency GPS receiver

・SDI Video Output:
(4) 3G/HD-SDI LIVEリアルタイム表示と収録ビデオの再生用
フレームスケーリング

・Multi-DVR Synchronization:
Master/Slave 収録による start/stop

・Auxiliary Signal Input/Output:
(6) Bi-directional TTL I/O
(2) LVDS inputs and
(2) LVDS outputs
(1) Remote On/Off

・寸法:
409×217×86mm (16.1×8.5×3.4”)

・重量:
6.4 kg(14lbs)

・電源:
100-240V AC, 50/60Hz, Approx. 50W

・Temperature:
Operating: 0° to 45°C
Storage: -20° to 60°C
*機種や搭載メディアによっては、カメラへのPoCL/PoCXP電源が行えない場合があります。

関連カテゴリ

関連商品