「WOW FES!2010」エキサイトマッチスペシャル “THIS IS BOXING”でClarity3000 StereoScopic3Dが使用されます

ブロードキャストグラフィックス製品Clarity3000にStereoscopic 3D機能追加

英国PixelPower社は世界中で600台以上の実績を持つClarity3000のStereoscopic 3D ソフトウェアオプションを発売しました。

 

<Clarity3000 の主な特徴>

Clarityはコンパクトな3RUシャーシで静止画、ビデオクリップ、2D DVE、リアルタイム3D、音声を備えたHD/SDスイッチャブル グラフィックシステムです。
プログラム出力に加えて、キー出力にも専用のプレビュー出力を備えています。
また、フォント、サイズ、エッジ、シャドー、テクスチャー、透明度などを設定することができ、チャンネルブランディングやオンエアープロモーションに適した製品です。

  • SD(525/625)、HD1080i59.94、1080i50、720p59.94、1080sf23.98、1080p25 その他の解像度に対応
  • プログラム、キーのAUX出力をベーシックテキストと静止画付のプレビュー出力として設定可能
  • 各入力に自動リレーバイパス、パワーオフまたはシステム故障の場合にプログラムのオンエアを維持
  • 4ch音声オプションは、AESもしくはSDI音声入力と音声ファイルをde-embed、mixing、ducking、re-embed
  • Video Clipオプションは4:2:2ビデオとキーを2チャンネル、背景あるいはMoving Logoとして使用可能
  • 新機能3Dオプションにより、入力信号をリアルタイムマッピングし、テキスト、ロゴアニメーション、ビデオクリップとダイレクトに融合
  • マスターコントロール装置として、チャンネルブランディングとして、オンエアープロモーション装置として運用

 

 

<Stereoscopic 3D オプション の主な特徴>

  • 既存のハードウェアでStereoscopic 3D出力対応にアップグレード
  • 既存のシステムと同一のワークフローで使用できるのでグラフィックの再利用が可能
  • グラフィック制作過程でのステレオプレビュー
  • Depthとpositionをリアルタイム調整
  • オートメーションコントロールはXMLインターフェースを使用することで可能
  • セパレートL/R ステレオ及びSide-By-Sideステレオに対応

 

Playout-A

 

Playout-B

<Stereoscopic 3D 使用事例>

 

ESPN_3D

ESPN USA の2010 FIFA World Cupチャンネルで使用されました。
日本では10月24日(日)17:00から開催される「WOW FES! 2010」エキサイトマッチスペシャル”THIS IS BOXING”の3D 生中継会場(東京ミッドタウン・ホール Hall B)で初めて使用されます。日本初の臨場感をぜひご体験ください。

 

 

お問い合わせ先

株式会社テクノハウス 情報機器部
TEL 03-3553-8061