XC3 IP Core / スタンダード DSPモジュール

XC3 IP Core / スタンダード DSPモジュール
XC3 IP Core / スタンダード DSPモジュール
XC3 IP Core / スタンダード DSPモジュールの画像
XC3 IP Core / スタンダード DSPモジュールの画像

DHD.audioのXC3 IP Coreは全てのミキサーシリーズの中心となるDSPモジュールです。XC3シリーズからIP Audioが更に強化され、AES67、Dante、DHD IP Audioにネイティブ対応しています。
4フェーダーの編集室から48フェーダーの生放送スタジオまで、テレビ、ラジオを問わず様々なスタジオシステムに柔軟に対応します。

特徴

柔軟な機能追加

コンフィグレーションソフトウェア「Toolbox」によるフルカスタマイズ、ミキサーの構成、IO BOXの構成、音声バス構成、ロジック回路などミキサーに必要な機能をToolboxによりカスタマイズします。ライセンスの追加により、ラウドネスメーターや、ディレイの機能追加や、DSPカードの追加で内部処理能力の追加なども対応します。
IP Audioの機能として、AES67 / RAVENNA128x128カードの追加や、Dante 512×512カードなども新たに追加されました。これによりAoIPシステムとの相互接続への柔軟性がましています。
AES67はSSMへも対応済みなので、映像システムへの組み込みも簡単です。
またIPインターフェースとして、Ember +に対応しているので、イーサネット経由でDHDと外部機器を接続、コントロールが可能です。もちろんこれまで通りGPIOを使った接点制御、またはシリアル制御も使用可能です。

簡単なケーブル接続

DHD.audioのシステムは、XC3 Coreを中心にAPCケーブルを使用して接続されます。標準のLANの規格をベースにしたDHD独自のプロトコルを使用していて、全てがPoE接続されます。使用するケーブルは一般のCAT5eスペックのケーブルで最大100mまで延長が可能です。

仕様

スタンダードレンジコンソール (52-7523)

  • フェーダー x20
  • サミングバス x16 (PGM + AUX + N-1 + PFL)
  • マイナスワンバス x6
  • バーチャルミキサー x1

ミドルレンジコンソール (52-7520)

  • フェーダー x24
  • サミングバス x48 (PGM + AUX + N-1 + PFL)
  • マイナスワンバス x30
  • バーチャルミキサー x4

ラージレンジコンソール (52-7520 + DSP CARD 52-7530)

  • フェーダー x48
  • サミングバス x72 (PGM + AUX + N-1 + PFL)
  • マイナスワンバス x48
  • バーチャルミキサー x4

ライセンス・オプション

  • Enhanced DSP Processing
  • ラウドネスメーター、ディレイ、ピンクノイズ
  • XC/XD/XS Core Audio Network
  • APCケーブルを使ったCore間での音声接続
  • XC/XS Core Control Networking
  • Core間での制御、MIC Gainコントロール可
  • Assist App
  • ブラウザベースリモートコントロールアプリケーション
  • HTML5サポート
  • View App
  • PC用コントロールディスプレイ
  • ルーティングソフトウェア
  • 52-8550 Routing/Scheduling Software
  • 52-8551 Routing Software
  • 52-8552 Routing Software, single matrix
  • 52-8555 Monitoring Software
関連製品・オプション

関連ページ