52/XC2 IOモジュール

52/XC2 IOモジュール
52/XC2 IOモジュール
52/XC2 IOモジュール
52/XC2 IOモジュールの画像
52/XC2 IOモジュールの画像
52/XC2 IOモジュールの画像

52/XC2 IOは、DHD 52シリーズの全てのミキサーで使用できるIO Boxです。
正面には4in/4outの音声入出力、背面には4in/4outのGPIOが搭載されています。
必要な分のin/outのみで構成する事が出来るため、余分な空きが出ることがありません。
XC2 CoreまたはConcentratorとLANケーブルを1本接続する事によって音声伝送・電源供給が可能となっており、非常に簡単な接続でシステムを組み上げる事が可能です。

特徴

多数のラインナップを用意しており、必要な信号を必要な数だけ選択する事が可能です。
IO Box以外にも、MADIやDante/RAVENNAなどのIP Audioに対応するInterFaceのラインナップもあります。

  • 52-7224A Analog I/O Module 18/24dBu
  • 52-7112A Digital I/O Module
  • 52-7235A Mic/Headphone Module
  • 52-7255A Mic/Line Module,8ch,iso
  • 52-7172A Dual Embedder/De-embedder
  • 52-1335A Multi I/O Box
  • 52-7067A AES67 RAVENNA InterFace
  • 52-7080A Dante IP Audio Interface
  • 52-7310A Concentrator
  • 52-7320A MADI Concentrator
  • 52-7421A MADI port,multimode SFP
  • 52-7325B MADI port,singlemode SFP
  • 52-7391A Gigabit Audio port,multimode
  • 52-7395A Gigabit Audio port,singlemode
  • 52-8582 XC/XD/XS Core Audio Network

 

 

仕様

共通仕様

サイズ:1Uハーフサイズ

 

Analog I/O

・入出力(モノ換算):4in/4out
・接点:2GPI/2GPO x2 D-Sub 9pin
・入力インピーダンス: 15kΩ
・出力インピーダンス: 25Ω(600Ω負荷対応)
・最大入力レベル:24dBu(バランス)
・最大出力レベル:24dBu(バランス)

 

Digital I/O

・入出力(ステレオ換算):4in/4out SRC内蔵
・接点:2GPI/2GPO x2 D-Sub 9pin
・入力インピーダンス: 110Ω(AES/EBU)または75Ω(S/PDIF)
・出力インピーダンス: 110Ω(AES/EBU)または75Ω(S/PDIF)
・SRC入力周波数レンジ:28kHz…108kHz
・SRC出力周波数レンジ:28kHz…54kHz

 

Mic/Headphone I/O

・入出力(モノ換算):4in/4out
・接点:2GPI/2GPO x2 D-Sub 9pin
・入力感度:-77dBu(0dBFS=18dBu,最大Analogゲイン=+63dB,最大Digitalゲイン=+20dB,リファレンスレベル=+6dBu)
・最大入力レベル:18dBu
・最大出力レベル:18dBu(ヘッドフォン)
・ゲイン設定:Analogゲイン 0dB…63dB(1dBステップ),Digitalゲイン -20dB…+20dB(1dBステップ)

・入力インピーダンス: 5kΩ
・出力インピーダンス: 100Ω(32Ω負荷対応)

その他詳細はPDFにてご覧いただけます。

関連製品・オプション

弊社製品ページ

 

 

 

DHD.audio本社製品リスト

関連カテゴリ