〒104-0043 東京都中央区湊2-12-11 相栄ビル2F

TEL: 03-3553-8061  FAX: 03-3553-8064

Odyssey7Q+は、接続するカメラとワークフローに合わせた収録方法を行う、RAW Bundleオプションが用意されています。
【基本の収録方法①】 記録フォーマットは使用用途、カメラの仕様に合わせて選択されます。基本のスペックは非圧縮 RGB 4:4:4 1080p、圧縮は10ビット YCC 4:2:2 1080i/pになります。
【基本の収録方法②】 基本仕様では、4K収録は圧縮にて行われます。4本のSDI入力を2サンプルインターリーブで接続し、DCI4Kの60pまで対応、圧縮は10ビット YCC 4:2:2になります。
CanonカメラからのHDMI出力の収録についてのユーザーズガイド:Odyssey-Canon-HDMI-Setup-Guide-2015.8J.pdf Sony α7sからのHDMI出力の収録についてのユーザーズガイド:Odyssey-Sony-A7S-Setup-Guide-2015.8J.pdf
【NEX-FS700R PXW-FS7 PXW-FS5との組み合わせ】(RAW Bundleオプション) FS700/FS7/FS5との組み合わせでは、2K RAWをCinemaDNG連番、毎秒最高240フレームで収録でき、24pのプロジェクトでは10分の1スローモーションとして扱うことができます。カメラ内部で収録する場合と違い、AVCHD/XAVC圧縮がかかる事も無く、秒数の規制もありません。4K RAWは毎秒最高60フレームでCinemaDNG連番収録します。また、カメラの4K RAW出力から画素間補完現像することなく 高精細なHDファイルを作り出す4K RAW to HDファンクションが使用可能です。 FS700/FS7/FS5のRAW出力についての各種解像度・フレームレート対応表:FS RAW The supported recording format 2016.06.pdf
【EOS C500/C300mk2との組み合わせ】(RAW Bundleオプション) Canon C500/C300mk2との組み合わせでは、4K RAWは4096×2160、3840×2160の両方をサポート、毎秒最高60フレーム、もしくはHRAWにより120フレームでの収録です。収録ファイルはCanon標準RMF連番です。また、2K RGB 4:4:4ワークフローをサポート、12ビット DPX連番で収録します。
C300Mk2:12bit444収録 C300Mk2との組合せでRGB12bit444を収録する方法について解説します ※この収録方法は別売オプションを必要としません。標準仕様のOdyssey7Q+でご利用いただけます。
【ALEXAとの組み合わせ】(RAW Bundleオプション) ARRI ALEXAとの組み合わせの場合、収録はARI連番です。 16:9は毎秒最高60フレーム、4:3アナモフィックでは48フレームまでの収録になります。
【FLARE 4K-SDIとの組み合わせ】(RAW Bundleオプション) IO Industries FLARE 4K-SDIとの組み合わせの場合、基本収録方法の4K ProRes収録の他に、RAW出力のCinemaDNG連番収録に対応します。最高60フレームです。
【VARICAM LTとの組み合わせ】(RAW Bundleオプション) Panasonic VARICAM LTとの組み合わせでは、CinemaDNG連番収録で4K 12bit RAWが毎秒最高30フレーム、10bitが毎秒60フレーム収録します。また、VariFrame機能により2~60fpsのフレームレートが得られます。
VARICAM LTとの組合せセットアップ VARICAM LTとの組合せで12bitRAWを収録する方法について解説します。
BACK
Odyssey7Q+は、接続するカメラとワークフローに合わせた収録方法を行う、RAW Bundleオプションが用意されています。
【基本の収録方法①】 記録フォーマットは使用用途、カメラの仕様に合わせて選択されます。基本のスペックは非圧縮 RGB 4:4:4 1080p、圧縮は10ビット YCC 4:2:2 1080i/pになります。
【基本の収録方法②】 基本仕様では、4K収録は圧縮にて行われます。4本のSDI入力を2サンプルインターリーブで接続し、DCI4Kの60pまで対応、圧縮は10ビット YCC 4:2:2になります。
CanonカメラからのHDMI出力の収録についてのユーザーズガイド:Odyssey-Canon-HDMI-Setup-Guide-2015.8J.pdf Sony α7sからのHDMI出力の収録についてのユーザーズガイド:Odyssey-Sony-A7S-Setup-Guide-2015.8J.pdf
【NEX-FS700R PXW-FS7 PXW-FS5との組み合わせ】(RAW Bundleオプション) FS700/FS7/FS5との組み合わせでは、2K RAWをCinemaDNG連番、毎秒最高240フレームで収録でき、24pのプロジェクトでは10分の1スローモーションとして扱うことができます。カメラ内部で収録する場合と違い、AVCHD/XAVC圧縮がかかる事も無く、秒数の規制もありません。4K RAWは毎秒最高60フレームでCinemaDNG連番収録します。また、カメラの4K RAW出力から画素間補完現像することなく 高精細なHDファイルを作り出す4K RAW to HDファンクションが使用可能です。
FS700/FS7/FS5のRAW出力についての各種解像度・フレームレート対応表:FS RAW The supported recording format 2016.06.pdf
【EOS C500/C300mk2との組み合わせ】(RAW Bundleオプション) Canon C500/C300mk2との組み合わせでは、4K RAWは4096×2160、3840×2160の両方をサポート、毎秒最高60フレーム、もしくはHRAWにより120フレームでの収録です。収録ファイルはCanon標準RMF連番です。また、2K RGB 4:4:4ワークフローをサポート、12ビット DPX連番で収録します。
C300Mk2:12bit444収録 C300Mk2との組合せでRGB12bit444を収録する方法について解説します ※この収録方法は別売オプションを必要としません。標準仕様のOdyssey7Q+でご利用いただけます。
【ALEXAとの組み合わせ】(RAW Bundleオプション) ARRI ALEXAとの組み合わせの場合、収録はARI連番です。 16:9は毎秒最高60フレーム、4:3アナモフィックでは48フレームまでの収録になります。
【FLARE 4K-SDIとの組み合わせ】(RAW Bundleオプション) IO Industries FLARE 4K-SDIとの組み合わせの場合、基本収録方法の4K ProRes収録の他に、RAW出力のCinemaDNG連番収録に対応します。最高60フレームです。
【VARICAM LTとの組み合わせ】(RAW Bundleオプション) Panasonic VARICAM LTとの組み合わせでは、CinemaDNG連番収録で4K 12bit RAWが毎秒最高30フレーム、10bitが毎秒60フレーム収録します。また、VariFrame機能により2~60fpsのフレームレートが得られます。
VARICAM LTとの組合せセットアップ VARICAM LTとの組合せで12bitRAWを収録する方法について解説します。 BACK
Odyssey7Q+は、接続するカメラとワークフローに合わせた収録方法を行う、RAW Bundleオプションが用意されています。
【基本の収録方法①】 記録フォーマットは使用用途、カメラの仕様に合わせて選択されます。基本のスペックは非圧縮 RGB 4:4:4 1080p、圧縮は10ビット YCC 4:2:2 1080i/pになります。
【基本の収録方法②】 基本仕様では、4K収録は圧縮にて行われます。4本のSDI入力を2サンプルインターリーブで接続し、DCI4Kの60pまで対応、圧縮は10ビット YCC 4:2:2になります。
【NEX-FS700R PXW-FS7 PXW-FS5との組み合わせ】(RAW Bundleオプション) FS700/FS7/FS5との組み合わせでは、2K RAWをCinemaDNG連番、毎秒最高240フレームで収録でき、24pのプロジェクトでは10分の1スローモーションとして扱うことができます。カメラ内部で収録する場合と違い、AVCHD/XAVC圧縮がかかる事も無く、秒数の規制もありません。4K RAWは毎秒最高60フレームでCinemaDNG連番収録します。また、カメラの4K RAW出力から画素間補完現像することなく 高精細なHDファイルを作り出す4K RAW to HDファンクションが使用可能です。
【EOS C500/C300mk2との組み合わせ】(RAW Bundleオプション) Canon C500/C300mk2との組み合わせでは、4K RAWは4096×2160、3840×2160の両方をサポート、毎秒最高60フレーム、もしくはHRAWにより120フレームでの収録です。収録ファイルはCanon標準RMF連番です。また、2K RGB 4:4:4ワークフローをサポート、12ビット DPX連番で収録します。
C300Mk2:12bit444収録 C300Mk2との組合せでRGB12bit444を収録する方法について解説します ※この収録方法は別売オプションを必要としません。標準仕様のOdyssey7Q+でご利用いただけます。
【ALEXAとの組み合わせ】(RAW Bundleオプション) ARRI ALEXAとの組み合わせの場合、収録はARI連番です。 16:9は毎秒最高60フレーム、4:3アナモフィックでは48フレームまでの収録になります。
【FLARE 4K-SDIとの組み合わせ】(RAW Bundleオプション) IO Industries FLARE 4K-SDIとの組み合わせの場合、基本収録方法の4K ProRes収録の他に、RAW出力のCinemaDNG連番収録に対応します。最高60フレームです。
【VARICAM LTとの組み合わせ】(RAW Bundleオプション) Panasonic VARICAM LTとの組み合わせでは、CinemaDNG連番収録で4K 12bit RAWが毎秒最高30フレーム、10bitが毎秒60フレーム収録します。また、VariFrame機能により2~60fpsのフレームレートが得られます。
VARICAM LTとの組合せセットアップ VARICAM LTとの組合せで12bitRAWを収録する方法について解説します。