DOWMLOAD ConvergentDesignより提供の、apollo/Odyssey7シリーズの周辺ソフトウェアダウンロードです。

最新ファームウェア

最新ファームウェア、V2017.07.1713です。 apollo/Odyssey7/7Q/7Q+用のSSDのルートディレクトリに、フォルダ内の }ODYSSEY_UPDATE{フォルダをフォルダごとコピーし、SSDスロットに挿入してください。 自動的にアップデートプログラムが走り出します。 (更新後はSSDをフォーマットしなおしてご使用ください。) 更新には30分以上かかります。 必ずAC電源を使用し、更新プロセスが中断することの無い様に注意してください。 (2017年7月更新) Odyssey-Apollo-Firmware-v2017.07.1713-FULL-PACKAGE.zip

〒104-0043 東京都中央区湊2-12-11 相栄ビル2F

TEL: 03-3553-8061  FAX: 03-3553-8064

CD Transfer

Fat32の制限により分割収録されたProRes/DNxHDファイルを、1つのファイルに纏めて、 タイムコードやメタデータの最適化を行います。 ProRes/DNxHD収録時はこのソフトウェアによりSSDからコピーしてください。 また、apolloにより収録されたマルチストリームクイックタイムを個別のProRes/DNxHDファイルに 展開する用途にも使用してください。 PC用はJavaランタイムが必要です。 (2017年7月更新) PC用:CD-Transfer_pc_v3.0.zip Mac Version 10.6-10.8 Java 6用:
CD-Transfer_mac_java16_v3.0.zip Mac Version 10.9-10.11 Java 8用:
CD-Transfer_mac_java18_v3.0.zip

CDDataUnpacker

packed収録されたDPX(1080p59.94/p60若しくは12bit)をUnpackし、 多くのNLEでサポートされているDPX形式に変換します。 packed-DPXはサポートされているNLEが非常に限定的です。 PC用はJavaランタイムが必要です。 PC用:CDDataUnpacker.zip Mac用:CDDataUnpacker.zip

CDClipMerger

2枚のSSDにRAIDed収録された連番ファイルを、一つのフォルダに纏めて、 NLEから正常なシーケンスファイルとして見えるようにします。 PC用はJavaランタイムが必要です。 (2014年12月更新) PC用:CDClipMerger.zip Mac Version 10.6-10.8 Java 6用:CDClipMerger_mac_v3.1.zip Mac Version 10.9-10.11 Java 8用:CDClipMerger_mac_java18_v3.1.zip

CD 3D-LUT Utility

.CUBE形式の3D-LUTをOdyssey7Q+にインポート可能な バイナリデータに変換するユーティリティです。 (2016年6月更新) PC用:CD3dLUTConverter_pc_v1.3.zip Mac Version 10.6-10.8 Java 6用:CD3dLUTConverter_mac_java16_v1.3.zip Mac Version 10.9-10.11 Java 8用:CD3dLUTConverter_mac_java18_v1.3.zip

CD 3D-LUTs

.CUBE形式の3D-LUTです。 Odyssey7Q+がファームウェアアップ時に標準で導入されるPreset11種類と 追加分として用意された15種類です。 (2015年7月更新) 標準プリセット: Odyssey-Built-In-Preset-LUTs-MAY2015.zip 追加分: Odyssey-Additional-Preset-LUTs-MAY2015.zip

WAV Timecode Utility

RAWやDPXなどのイメージシーケンスの収録では、音声をWAVファイルとして録音しますが、 これはtimecodeを含んでいません。 DaVinci resolve他のアプリケーションでは、自動的にオーディオとビデオが必要な同期性を timecodeにより持っています。 このユーティリティーは、Odyssey WAVファイルにtimecodeとその他のメタデータを 加えることができます。 これはMac OS Xの単純なAutomatorスクリプトです。 Public domain BWF MetaEditを利用します。 詳しくはダウンロードZip内の「wav_tc_app.pdf」をご覧ください。 このユーティリティーはNick Shaw(antlerpost.com)により提供されたものです。ConvergentDesignおよびテクノハウスはこのユーティリティーについて 一切のサポートを行うことが出来ません。 (2016年10月更新) Mac用:WAV_timecode_utility.zip
DOWMLOAD ConvergentDesignより提供の、 apollo/Odyssey7シリーズの周辺ソフトウェア ダウンロードです。

最新ファームウェア

最新ファームウェア、V2017.07.1713です。 apollo/Odyssey7/7Q/7Q+用のSSDの ルートディレクトリに、フォルダ内の }ODYSSEY_UPDATE{フォルダをフォルダごと コピーし、SSDスロットに挿入してください。 自動的にアップデートプログラムが走ります。 (更新後はSSDをフォーマットしなおしてご使用ください。) 更新には30分以上かかります。 必ずAC電源を使用し、更新プロセスが中断する ことの無い様に注意してください。 (2017年7月更新)
Odyssey-Apollo-Firmware-v2017.07.1713-FULL-PACKAGE.zip

CD Transfer

Fat32の制限により
分割収録されたProRes/DNxHDファイルを、
1つのファイルに纏めて、 タイムコードやメタデータの最適化を行います。 ProRes/DNxHD収録時はこのソフトウェアによりSSDからコピーしてください。 また、apolloにより収録された
マルチストリームクイックタイムを
個別のProRes/DNxHDファイルに 展開する用途にも使用してください。 PC用はJavaランタイムが必要です。 (2017年7月更新) PC用:CD-Transfer_pc_v3.0.zip Mac Version 10.6-10.8 Java 6用:
CD-Transfer_mac_java16_v3.0.zip Mac Version 10.9-10.11 Java 8用:
CD-Transfer_mac_java18_v3.0.zip

CDDataUnpacker

packed収録されたDPX(1080p59.94/p60 若しくは12bit)をUnpackし、 多くのNLEでサポートされている DPX形式に変換します。 packed-DPXはサポートされている NLEが非常に限定的です。 PC用はJavaランタイムが必要です。 PC用:CDDataUnpacker.zip Mac用:CDDataUnpacker.zip

CDClipMerger

2枚のSSDにRAIDed収録された連番ファイルを、一つのフォルダに纏めて、 NLEから正常なシーケンスファイルとして見えるようにします。 PC用はJavaランタイムが必要です。 (2014年12月更新) PC用:CDClipMerger.zip Mac Version 10.6-10.8 Java 6用:CDClipMerger_mac_v3.1.zip Mac Version 10.9-10.11 Java 8用:CDClipMerger_mac_java18_v3.1.zip

CD 3D-LUT Utility

.CUBE形式の3D-LUTをOdyssey7Q+に インポート可能なバイナリデータに変換する ユーティリティです。 (2016年6月更新) PC用:CD3dLUTConverter_pc_v1.3.zip Mac Version 10.6-10.8 Java 6用:CD3dLUTConverter_mac_java16_v1.3.zip Mac Version 10.9-10.11 Java 8用:CD3dLUTConverter_mac_java18_v1.3.zip

CD 3D-LUTs

.CUBE形式の3D-LUTです。 Odyssey7Q+がファームウェアアップ時に標準で導入されるPreset11種類と 追加分として用意された15種類です。 (2015年7月更新) 標準プリセット: Odyssey-Built-In-Preset-LUTs-MAY2015.zip 追加分: Odyssey-Additional-Preset-LUTs-MAY2015.zip

WAV Timecode Utility

RAWやDPXなどのイメージシーケンスの収録 では、音声をWAVファイルとして録音しますが、 これはtimecodeを含んでいません。 DaVinci resolve他のアプリケーションでは、 自動的にオーディオとビデオが必要な同期性を timecodeにより持っています。 このユーティリティーは、Odyssey WAVファイルにtimecodeとその他のメタデータを 加えることができます。 これはMac OS Xの単純なAutomatorスクリプト です。 Public domain BWF MetaEditを利用します。 詳しくはダウンロードZip内の「wav_tc_app.pdf」をご覧ください。 このユーティリティーはNick Shaw(antlerpost.com)により提供されたものです。ConvergentDesignおよびテクノハウスはこのユーティリティーについて 一切のサポートを行うことが出来ません。 (2016年10月更新) Mac用:WAV_timecode_utility.zip
DOWMLOAD ConvergentDesignより提供の、 apollo/Odyssey7シリーズの周辺ソフトウェア ダウンロードです。 最新ファームウェア、V2017.07.1713です。 apollo/Odyssey7/7Q/7Q+用のSSDの ルートディレクトリに、フォルダ内の }ODYSSEY_UPDATE{フォルダをフォルダごと コピーし、SSDスロットに挿入してください。 自動的にアップデートプログラムが走ります。 (更新後はSSDをフォーマットしなおしてご使用ください。) 更新には30分以上かかります。 必ずAC電源を使用し、更新プロセスが中断する ことの無い様に注意してください。 (2017年7月更新)
Fat32の制限により
分割収録されたProRes/DNxHDファイルを、
1つのファイルに纏めて、 タイムコードやメタデータの最適化を行います。 ProRes/DNxHD収録時はこのソフトウェアによりSSDからコピーしてください。 また、apolloにより収録された
マルチストリームクイックタイムを
個別のProRes/DNxHDファイルに 展開する用途にも使用してください。 PC用はJavaランタイムが必要です。 (2017年7月更新) packed収録されたDPX(1080p59.94/p60 若しくは12bit)をUnpackし、 多くのNLEでサポートされている DPX形式に変換します。 packed-DPXはサポートされている NLEが非常に限定的です。 PC用はJavaランタイムが必要です。 2枚のSSDにRAIDed収録された連番ファイルを、一つのフォルダに纏めて、 NLEから正常なシーケンスファイルとして見えるようにします。 PC用はJavaランタイムが必要です。 (2014年12月更新) .CUBE形式の3D-LUTをOdyssey7Q+に インポート可能なバイナリデータに変換する ユーティリティです。 (2016年6月更新) .CUBE形式の3D-LUTです。 Odyssey7Q+がファームウェアアップ時に標準で導入されるPreset11種類と 追加分として用意された15種類です。 (2015年7月更新) RAWやDPXなどのイメージシーケンスの収録 では、音声をWAVファイルとして録音しますが、 これはtimecodeを含んでいません。 DaVinci resolve他のアプリケーションでは、 自動的にオーディオとビデオが必要な同期性を timecodeにより持っています。 このユーティリティーは、Odyssey WAVファイルにtimecodeとその他のメタデータを 加えることができます。 これはMac OS Xの単純なAutomatorスクリプト です。 Public domain BWF MetaEditを利用します。 詳しくはダウンロードZip内の「wav_tc_app.pdf」をご覧ください。 このユーティリティーはNick Shaw(antlerpost.com)により提供されたものです。ConvergentDesignおよびテクノハウスはこのユーティリティーについて 一切のサポートを行うことが出来ません。 (2016年10月更新)